乗り物酔いの原因?

乗り物酔いの原因?

こんにちは、
リハビリプロダクターの長縄ゆうたです。
  
今日は、体の話です

乗り物に乗ると酔ってしまう。
それは、耳が影響してきます。
   

耳は、体のバランスを感知する役目があり、
体の位置、揺れやスピードを捉えることだできます。

  
専門的に表現すると、
耳石や三半規管というものになってきますが、そこで感受した情報が脳へと送られます。
 

乗り物に乗って酔うのは、
この情報が過度に生じて、脳への情報量が過剰になる。
あるいは、耳と目が捉えた知覚と視覚の情報のズレが生じると起こりやすくなります。
 
 
脳が情報を処理できなくなったり、コントロール機能を失うと、
自律神経の働きも乱れてきて、めまいや胃の不快感など、

様々な乗り物酔いの症状が起きてきます。

  

対処としては、
脳の酸素量を増やすことです。
  
慌てず深呼吸して、楽な姿勢をとって
脳を休めましょう。

   
慣れない、微細な振動が繰り返し刺激となるため、
無意識的でなく、自分で動かす
随意的に首をゆっくり動かすのもいいでしょう。

体の健康カテゴリの最新記事